【重要】購入商品は、ログインを行うことで表示されます。

ブランドから選ぶ

オリジン

アカナ

アカナ クラシック

ZIWI

ドッグフード
●エアドライ
●ウェット(缶詰)
キャットフード
●エアドライ
●ウェット(缶詰)
その他

ZIWI PROVENANCE

ドッグフード
●エアドライ
●ウェット(缶詰)
キャットフード
●エアドライ
●ウェット(缶詰)

ドッグフードから選ぶ

年齢別

犬種(サイズ)

キャットフードから選ぶ

年齢別

グレインフリーは本当にいいのか?必要な栄養価は素材から

1.肉の量-豊富な肉とタンパク質-

自然界でオオカミは何を食べるでしょうか?答えは草食動物です。
豊富な肉の量は、その草食動物を再現しています。犬猫は肉食動物なので、肉原材料が豊富に含まれた食事が理想的です。

一般的なフードでは、肉含有量がほとんど表記してないです。おおよそですが25%〜30%が肉原材料と言われております。オリジンでは85%〜90%がアカナは50~75%が肉原材料です。オオカミが肉を食べる様に、私たちも肉の量に拘りました。

そしてよく懸念される部分として、「高たんぱく質を摂取すると、腎臓などの臓器に影響がでないですか?」とよく質問があります。

必要な栄養は原材料から

全くそんな事はありません!

これまでの説明で犬と猫が肉食動物という事は、お分り頂けたと思います。
肉食動物は、お肉を主食とする動物です。

では、ここで自然界のオオカミが、いつも食べてる獲物をドライフードと同じ様に、水分10%で見立てました。

必要な栄養は原材料から

これを見ればそれぞれの獲物が、どんなたんぱく質の数値になるかが分ります。
ウサギが67%で鹿が43%、ネズミが45%で鶏が38%、そしてオリジンが38%と肉食動物の獲物と比べたら大した事がない。
むしろ低いんじゃないかという位です。
そして AAFCO の方でも、たんぱく質を多量に摂取しても何ら問題ないと言い切っています。

肉の量-豊富な肉とタンパク質
肉の新鮮さ-新鮮な肉の含有量
肉の種類-豊富な種類の肉
ホールプレイ比率-丸ごと使用
高たんぱく質・低炭水化物-炭水化物を制限